So-net無料ブログ作成

くねくね手すり

kunekune004.jpg
「くねくねした手すりが街なかに増えている」
という記事が先日新聞に載っていました。

「安全で楽」
と、とくに公共空間で導入が進んでいるという記事でした。

上のくねくね手すりは我が家の最寄り駅の様子です。
我が家の最寄駅でも、「くねくね手すり」に改修後、
駅と九州大学との合同の調査が行われ、
回答者360人のうち、8割が「直線の手摺より使いやすい」 
と回答したそうです。

水平な部分は、降りるときの安定感、安心感につながっているし、
縦(ななめ立ち上がり)の部分は、
上るときに手掛かりとなり足への負担が減るし、
全体としてガタガタしているので、
滑ることによる子どもの事故防止にもなっているというのです。

改修されて、くねくねになった当初、形としても画期的でしたので
注目しましたが、同時に本当に使いやすい!と私も実感していました。


どう使いやすいか。私の場合。

働く女は、手ぶらでバスに乗るような場面がありません。
たいてい、仕事のかばんのほかに、もう一方の手には
たいてい食料品などをぶら下げています。
細腕に重い荷物をぶら下げて、バスを待つのはなかなかつらいものです。
スーパーの袋はきりきりと手のひらに食い込んでくるし。
一体、体のどこにこんなにたくさんの食料が入っていくのか、あきれ返ったり、
大きな荷物を両腕にぶら下げているその「カタチ」もイマイチ、と寂しく思ったり。

ところが、この駅前では、バス待ちの列が手すり沿いにできているので、
「くねくね手すり」には荷物も置けるのです!

バスを待つ老若男女みんな、思い思いの姿で手すりと仲良くしている様子がわかります。

よく見ると、しっかり両腕でしがみついたり、片手を軽く置いたり、
お尻をのせたり、腕をからませたり。

知らず知らずに、仲良しです。
kunekune 006.jpg

手すりの「山」の間隔(折れの間隔)は、研究の結果、
いつでも水平寸法で 33.5センチ に作られているのだそうです。

長崎、佐世保の「クネット・ジャパン」という会社が開発して
設置しているというのです。

常に、33.5センチ?!

これは実はとても意外でした。

屋外のなだらかな階段でも、踏面の寸法は普通30センチちょっとです。
それ以上大きいことはあまりありません。
それなのに、足元の階段の寸法とは無関係に、手
元の手すりの山の間隔を「ちょっと」大きく決めるというのは、
設計に携わる者には、実は案外なかなかできないことです。

ずれてる。

つい寸法を合わせたくなってしまうのが人情です。

ずれていたということに驚き、しかも、もうひとつ驚かされたのは、
いつもその手すりを利用していながら、
自分がその「ずれ」に何の違和感も感じなかったことです。
新鮮な驚きでした。

リズミカルなこの手すり、ユニバーサルデザインとして、せひ採用していきたい商品です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます